インプラントと仮歯

インプラントでの注意点

トップ

仮歯と人工歯の情報

インプラント治療中について

長い間、仮歯の状態で過ごされているインプラント治療中の方が要るのですが、つける必要について、説明します。第一に、そのままだと噛み合わせが悪くなります。噛み合わせというのは、食べ物を噛んで食べるだけではなく体にも影響を与えます。後は、見えない奥歯なら大丈夫なのですが、前歯がない状態では見た目が問題です。隣の歯も動かないように支える役目もします。歯茎の状態も守ってくれて、大変大事な役割をします。インプラント治療には、長い時間がかかることは仕方ない事です。その間に仮歯がすり減ったりして噛み合わせが合わなくなることもありますので、違和感を感じたらすぐに歯科へ相談する事が大事です。

インプラント 高島平のこの医院ではリラックスして治療を受けられますよ。柔らかいあかりと落ち着いた空間。保育室も完備されているので、お子様がいても安心です。

人工歯根と仮歯の働きとは

歯科インプラントの構造について、まず、あごの骨に埋め入れる人工歯根と、人工歯を連結するためのアバットメント部分、上部構造である人工歯から成り立っています。まずはあごの骨に人工歯根を埋め入れるための手術を行ないます。たまに、インプラント手術後、あごの骨の状態によって、人工歯根が安定しない場合があります。この場合、骨と人工歯根が結合するのを待たないといけません。期間は、大体2〜6ヶ月くらいになります。その間は歯が抜けた状態にするのではなく、仮歯を一時的にしようします。仮歯は人工歯といれるまでの間、噛み合う歯や隣の歯が動くことを防ぐ役目や歯茎の状態を整える役目があります。人工歯根がしっかりと定着したら本歯の使用をします。